女性の薄毛、抜け毛について


女性の薄毛、抜け毛について


少し前までは女性の薄毛は、50代くらいから加齢とともにおきると
思われていました。

しかし、近年では若くして薄毛に悩む方が増加しています。
女性の、社会における立場が男性と同じように扱われ、ストレスも
多くなり、男性型の薄毛も増えていると聞きます。

男性型の薄毛は、前頭部から薄くなっていきます。
若い女性の薄毛も前髪のあたりから薄くなっていきます。

その他の原因としては、女性の冷えと、不規則な食生活、ダイエット
などで栄養バランスが崩れ、髪の元になるたんぱく質が不足しています。

又、朝シャンをする方が多く、急いで洗うので頭皮、毛穴がよく洗われて
いないで毛の根元に皮脂が残ったままになっている。

若年の時から、ブリーチ、ヘアカラーなど頻繁い行い地肌を痛めつけている
など、ヘアケアの方法に問題があります。


・女性の薄毛、抜け毛の原因


・抜け毛を防ぐ女性のシャンプー法

・頭皮、髪によいシャンプーとは


・女性の髪がパサパサでまとまらない 原因


・艶のないパサパサ髪を回復する方法


・女性の円形脱毛症



薄毛に悩む方に植毛という方法もあります。


薄毛に悩む方に植毛という方法もあります。

抜け毛がひどくなり、あまりにも目立ち、本人が気にしている場合
植毛という方法があります。

薄くなった部分に髪を植え付けるのが植毛です。
本来は、ヤケドや事故などで頭髪を失った人を治療することが目的でした。
近年では美容のために行うのが増えてきました。

植毛には自毛植毛と人工毛植毛があります。
自毛植毛は、側頭部などに残る毛髪を薄くなった部分に移植するもので、
その部分の皮膚を少し採取し、小分けにして薄毛の部分に移植する方法です。

自毛のため、拒絶反応もなく髪色や髪質も自然な仕上がりになり、毛根は
活性しているので抜けてもまた生えてくるというメリットがあります。

デメリットとしては、移植の傷跡が残ったり、移植する毛髪の本数に制限が
あります。

人工の毛髪を移植する人工毛移植では、塩化ビニールやポリエチレンなどの
化学繊維から製造された人工毛髪を使用します。

自毛移植と違って植毛の制限本数がないのが魅力ですが、自分の毛ではない
ことからアレルギーなどの拒絶反応が起こる場合があり、感染症の
可能性もあります。

人口植毛は、自毛植毛と比べたとき、毛髪の再生力、安全性が劣ります。
現状ではやはり自毛植毛を選ぶ方が多いようです。


女性の薄毛 抜け毛を 改善する方法トップへ







スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。